長津田ファミリーと胃カメラに関して

日本人の死亡要因ワーストはがんですが、中でも増えているのが胃がんではないでしょうか。

年間の志望者は五万人を超えていると言われていて、まさに命に関わる病と言えるのではないでしょうか。

胃がんと密接に関連しているのが、ピロリ菌だと言われています。

日本人の約八割がピロリ菌保持者ですが、このピロリ菌を除去することで胃がんのリスクを軽減させることが出来ます。

長津田ファミリークリニックにおいては、最新機器の胃カメラを揃えています。

胃カメラの問題点は検査自体に苦痛を伴うことですが、管を細くすることで大部分の患者さんが苦痛を感じなくなっています。

ピロリ菌そのものは薬での除去が可能になってしますし、年に一度は胃カメラ検査をすることを推奨します。

そして、近年は麻酔の効果も上がっています。

胃に加えて十二指腸検査を受けることで、消化器系の不安を取り除くことが出来るといえます。

熟練の医師が検査を最大限にサポートします。

TOP