胃がん治療は苦痛伴うものだけではない

胃がん治療だけではなく、がん治療と言えば、抗がん剤による副作用など苦痛を伴うものだけではないです。最近ではしっかりとインフォームドコンセプトする事によって、患者の意思を尊重した治療を心掛けている医師が多いです。特に治療法をいくつか紹介し、患者自身に選択していただくという事もあるようです。患者はそれにより、自分に合った最適な治療を選べます。

特にがんと聞くだけで精神的に受けるダメージは計り知れません。家族も同様にショックは大きです。がんの初期ならまだ良いかもしれませんが、転移の可能性がある状態になると治療法も外科的な治療だけでは難しくなってきます。そんな中、お勧めしたいのが水素注射療法です。

抗がん剤の副作用などを抑えて、自己の細胞の機能を向上してくれます。

TOP